最安値のVRゴーグル!その実力は?

ダイソールーペ VRゴーグル

最安値でVRゴーグルを用意するのであれば、ダイソーのルーペを100円で1個購入して、ダンボールと輪ゴムを2本用意すればOKです。(レンズが2枚入っているので1個で大丈夫です)

その使いごこちは最後にお伝えしますが、まずは一生懸命作ったので、その工程をみて下さい!

1、ダイソーのミニルーペです。

ダイソーのミニルーペをパッケージから取り出すとこんな感じ。

ダイソールーペ

2、分解しましょう

ミニルーペを分解します。ちょくちょくモデルチェンジするらしく、昔のモデルは簡単に分解できたらしいのですが、最近のは頑丈なので結構力がいりました。

ミニルーペ分解

3、ダンボールを用意しましょう

最低でも25×23センチのダンボールを用意しましょう。

VRゴーグル ダイソー ダンボール

4、このダンボールを使いました

私はアマゾンのダンボールを使いました。

VRゴーグル ダイソー

この部分を使いました。↓

VRゴーグル ダイソー

5、図面を書きました。

以下のように図面を書きました。

VRゴーグル ダイソー

6、切り取りましょう

はさみで切り取りました。

VRゴーグル ダイソー

7、レンズを入れ込む穴をつくる

直径3センチの穴を3.5センチ程度はなしてハサミで穴をあけます。

少し小さ目に切り取った方がレンズがガッチリはまります。

VRゴーグル ダイソー ダンボール

8、レンズをはめました

レンズをはめるとこんな感じ。結構ガッチリはまりました!

VRゴーグル ダイソー レンズ

9、組み立て!

組み立てていって、セロテープでとめていきましょう。

VRゴーグル ダイソー 組み立て

VRゴーグル ダイソー 組み立て

10、輪ゴムでスマホを固定

図のように輪ゴムでスマホを固定しましょう。

VRゴーグル ダイソー スマホ

裏側はこんな感じ。

VRゴーグル ダイソー 輪ゴム

11、完成!

完成形はこんな感じです。結構うまくいきました^^

VRゴーグル ダイソー 完成

ダイソーのルーペ製VRゴーグルの使い心地は?

さて、これで4つのゴーグルを実際に比較した事になりますが、その違いや使い心地をご紹介していきます。

最安値のゴーグル 使い心地

正直言いますと、確かにVR用の動画は普通に見ることが出来ましたが、ただ見れただけです。

VRエロ動画を楽しむためには、いかにその世界に没入できるかが最も重要なのですが、残念ながらダイソーのルーペ製VRゴーグルでは没入できませんでした。

また、せめて360度の動画を楽しみたかったのですが、視界の外側に余計なものが入り込んできます。

後からネットで調べてみたら、7~8倍に拡大してくれるレンズでないとダメらしく、残念ながらダイソーのルーペは3倍でした。

なので、いくら最安値でVRゴーグルを手に入れる事が出来るからといって、ダイソーのレンズを使った手作りゴーグルでは、VRの世界を楽しめないのでおすすめ出来ません。

では100円とは言わず、あと少し上乗せして500円代のVRゴーグルならどうでしょうか?

⇒ 500円のダンボール製(既製品)の組み立て方と使い心地

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする