VRゴーグル 値段の違いで比較・検証してみた!

VRゴーグル比較

今や格安で楽しめるVR動画の世界ですが、最安値のゴーグルの実力はどれ程のものなのでしょうか?

まずは現在考えられる最安値の自作ゴーグルの検証からしてみましょう!

ダイソーなどのレンズや割り箸で自作する。

予算:100円~ (現在の最安値!

VRゴーグルを準備する方法として最安値なのが、ダイソーなどの100均でレンズを購入して、それをダンボールにはめ込む方法です。
VRゴーグル ダイソー
実際にダイソーに行って購入したのですが、その時店員さんに聞いた話では結構これに挑戦している人がいるみたいて品切れの店舗もあるようです。

私は運よく入手できましたので、実際に作ってみた手順を公開いたします。

⇒VRゴーグル組み立て方(ダイソールーペ編)

さて、作り方をご紹介しておいて何ですが、この100円のダイソールーペを利用したゴーグルは、正直おすすめできません。

VR動画を楽しむためには、ただ動画が見れるだけではなく没入感が最も重要なのですが、それが感じられないのです。

没入感というのはリアルさとか臨場感だけではなく、その世界に入り込める感覚なのですが、レンズの倍率が小さいと周りの余計なものが映り込んでしまうので、その世界に入り込めないのです。

目とゴーゴルの間に隙間があるのも致命的ですね。

では既製品として500円で入手できるダンボール製のゴーグルならどうなのでしょか?実際に試してみました。

ダンボールを組み立てたVRゴーグル

予算:500円~

次に安くVRゴーグルを入手できる方法がこのダンボール製のゴーグルで、楽天やアマゾンで500円程度で入手出来ます。
VRゴーグル グーグル
グーグルから設計図を入手して作る方法(Google Cardboard)もありますが、レンズは別途購入する必要があります。

実際に私も入手したのですが、作り方の手順書が入っていな方ので少しだけ迷いました。ですので作り方手順を私が作りましたので参考にしてください。
⇒VRゴーグル ダンボール 組み立て方

こちらも作り方まで説明しておいて何ですが、やはりオススメ出来ません。

最初にご紹介したダイソーのレンズとダンボールでの自作ゴーグルよりはマシですが、やはり没入感が得られないのです。

レンズの倍率はそれなりにクリアしていたのですが、どうしてもダンボールの隙間から差し込む光が気になって仕方ないのです。

目とゴーゴルの間の隙間には、ひさしのようなものがあるのですが、とても満足できるレベルではないです。

このダンボール式のVRゴーグルは500円以上するのですが、あと数百円~千円ほど足せばプラスチック製の既製品が買えます。

せっかくお金を出してVR動画を楽しむのなら、最初からある程度ちゃんとしたゴーグルを入手することをおすすめします。

VR SHINECON VRメガネ 3Dゴーグル HMD(頭部装着型)

ダンボール製のゴーグルではイマイチ没入感を得られなかったので、どうせなら最初からちゃんとした既製品を購入することをおすすめします。

しかし既製品と言ってももたくさんあるので、一体どのゴーグルを選べばよいのか迷うことでしょう。
VR SHINECON
ということで、まずは1500円ほどの「VR SHINECON」を購入してみましたので、その使用感をご報告したいと思います。

ひとことで言うと、ダンボール製のものよりは光の侵入は少ないものの、まだまだ気になるレベルです。

鼻の高さが外人向けなのかもしれませんがやたらと広いので、そこから光が入ってくるのです。

それと下の画像のように視野の周りの暗い影が気になってしまいます。いわゆる視野角が狭いのです。

没入感悪い

まあダンボール製のものだと黒い影どころか周りの景色が見えてしまうので没入感どころではありませんが、この黒い影は気になってしまいます。

ちょっとこれでは没入感を味わえるとは言い難いのですが、それでは満足のいく没入感を楽しむためには、最低いくらのVRゴーグルを購入すれば良いのでしょうか?

結局のところ、やはりアマゾンや楽天で度々人気ランキングNo1になっている3000円弱の「VOX PLUS BE 3DVR(多機能)」が良いです。

VOX PLUS BE 3DVR ゴーグル(多機能)

こちらの「VOX PLUS BE 3DVR ゴーグル(多機能)」の視野角は良好です。

流石に全く視野の周りに黒い部分が無いとは言いませんが、以下の右側の画像のように、映像自体も大きくなって没入感も大幅にアップします。

視野角広い

鼻の高さも日本人向けなのかわかりませんが、少なくとも私の鼻にはピタリとフィットして光の侵入は全くありません。

イヤホンジャック
そして何と言っても、没入感を得るためにはもってこいのヘッドフォン一体型というのが最もオススメするポイントです。

他のVRゴーグルはイヤホンを利用する事が多いのですが、私が実際に色々試した結果、ヘッドフォンがベストです。

右の画像の赤丸で囲った端子をスマホのイヤホンジャックに差し込むと、ヘッドフォンで臨場感のある音声を聞くことが出来ます。

※余談ですが、イヤホンジャックのことをアクセサリーと思っている方が結構いるみたいですが、イヤホンジャックは差込口のことです。

3000円そこそこで、これだけのクオリティなのですからアマゾンや楽天で人気なのもうなずけます。

⇒VOX PLUS BE 3DVR ゴーグル(多機能)をアマゾンでゲットする!

⇒VOX PLUS BE 3DVR ゴーグル(多機能)を楽天でゲットする!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする