VRゴーグルの選び方

VR動画を見るためには専用のゴーグルが必要になります。

しかし本当にたくさんの種類があり過ぎて、どれが良いのか分からないという方も多いと思います。

値段も数百円のものから数万円のものまであるので、値段によって映像の見え方や、その他の機能でどんな違いがあるのかをザックリと説明していきます。

色々な呼び方がある

まず、呼び方自体に色々な呼び方がありまして、「VRゴーグル」「VRヘッドセット」「VR HMD(バーチャルリアリティ ヘッドマウントディスプレイ)」などと呼ばれますが、どれもVR動画を見るという目的はかわりません。※このサイトではVRゴーグルと呼んでいきます。

個人的な感覚だと高性能なものほど、VR HMDと呼ばれているように感じます。

VRゴーグルVRヘッドセット < VR HMD

接続する対象が違う

スマホをセットして使うもの、パソコンと接続して使うもの、プレイステーションVRと接続して使うものと分かれております。

接続

値段はスマホをセットして使うものがダントツで安いですし、初めてVRの世界へ訪れる場合はこのタイプで十分です。

ただ、パソコンやPSVRと接続するものの方が映像は綺麗ですし動きも滑らかなのは確かです。なので考えようによっては最初から高性能な方を選択するのもありだと思います。

しかし初心者の場合、パソコンと接続するものは設定がややこしいので、予算があるけど設定に自信が無い方は迷わず PSVR をおすすめします。

多くの方はスマホをセットするゴーグルを使うと思いますし、それで十分なので、ここからはスマホをセットするゴーグルに焦点を絞って解説していきます。

なので、今後VRゴーグルと書いてあったらスマホ用のだと理解してください。

値段の違いで何が違うのか?

ゴーグル検証スマホ用ゴーグルの中でも数百円のものから数万円のものまでありますが、一体何が違うのでしょうか?以下の4項目から考えてみましょう。

1、映像の鮮明さ
2、視野角
3、フィット感
4、没入感

映像の鮮明さに差がある?

値段の違いで映像の鮮明さに差があるのかと言いますと、差は無いです。

何故なら映像の鮮明さはスマホに依存するからです。

レンズが歪んでいたりすれば話は別ですが、流石に既製品ではそこまで映像に悪影響を及ぼすような粗悪なレンズは使っていないと感じます。(あくまでこれは私個人の意見です)

ただ、Galaxy専用の高性能VRゴーグル「Gear VR 」は綺麗だと評判です。私は使ったことが無いので下手な事は言えませんが、これもGalaxyの映像が美しいのかなと思います。

※DMMはGear VR に対応しています。

視野角

視野角には違いがあると思います。

私は「ダンボール製のもの」「VR SHINECON」「VOX PLUS BE 3DVR」の3つを比べてみましたが、ダンボール製のものは問題外で、VR SHINECONよりもVOX PLUS BE 3DVRの方が広かったです。

画像左が「VR SHINECON」、右が「VOX PLUS BE 3DVR」の視野角のイメージです。

視野角広い

フィット感

これも値段によって違いがありました。

ダンボール製のものは、当然ゴーグルと顔の間に隙間があるので、回りの景色が視界に入ってしまいます。

既製品の安いもの(私の場合「VR SHINECON」)は、鼻の辺り隙間が広過ぎて、そこから光が入り込んでくるのです。

3000円程のVOX PLUS BE 3DVRは、ピタリとフェットしていい感じでした。

没入感

没入感没入感というのは、その世界に入り込める感覚の事なのですが、これまで検証してきた映像の鮮明さ、視野角、フィット感というのは、結局この没入感をいかに高めることが出来るかを検証してきたようなものです。

そしてこれまでの検証の結果を見ればお分かりの通り、やはり値段によって視野角やフィット感に違いがあるので、この没入感にも差が出ました。

更に詳しくはコチラで検証していますので、よろしければご覧くださいませ。

⇒ VRゴーグル 値段の違いで比較・検証してみた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする