VR動画の世界

VRの世界

VRというのはバーチャルリアリティの略で、仮想現実の世界の事です。

噛み砕いて言えばゲームやSF映画の中に入り込めるという事で、現実ではありえないような空間でも、まるでそこに居るような感覚を味わえるのがVRの醍醐味です。

思いのままに空を飛べますし、瞬間移動だって出来ちゃいます。

数年前は、そのVRを体験するためには高価で複雑な道具を揃える必要があったのですが、今では数百円~数千円のゴーグルを装着することにより簡単にVRの世界に入り込む事ができてしまいます。

その方法は後からじっくりご紹介しますが、その前に現在において、どの程度VRが浸透してきたのかをご紹介していきたいと思います。

既にVRはこんなに世の中に浸透してきている!

ゲーム市場では結構前からVR技術を駆使したものが販売されていたので、既にコアなファンが世界中に存在しています。

最近では、映像の世界でもVR技術を駆使したものが増えてきており、そのリアルさと没入感に圧倒されて一瞬で虜になってしまう方も急増しています。

知っている人はどハマリしているのに、知らない人は殆ど知らないというのもVR市場の面白いところです。

VRで驚く

芸能人が初めてのVR体験で腰を抜かして驚いている姿を見たことがあるかもしれませんが、あれがVRを初めて体験した殆どの方のリアクションです。

あなたはまだVRを体験していませんか?でもそろそろ知らないなんて言ってられない時代がやって来ます。

何故なら、あなたの知らないところで既に世の中に浸透し始めているからです!

世の中のVR事情

ではどんな所にVRの技術が浸透しているのかと言いますと、以下のように多岐にわたって浸透しています。

    • ゲーム
    • ライブ
    • アミューズメント
    • SNS
    • 物件案内
    • 観光
    • 映像

ゲーム

以前はPC専用のゲーム機のみでしかVRを体験できませんでしたが、いよいよ家庭用ゲーム機(PlayStation VR)でも臨場感タップリのVRの世界を味わえるようになりました。

今ではスマホでもVRゲームが楽しめます。シューティングゲームやホラーゲームなどが人気で、最近では美少女ゲームもコアなファンを獲得しつつあります。

ライブ

臨場感たっぷり味わえるVR技術は、音楽ライブとの相性が抜群です。

また、カラオケ店に行けばステージ上であなたが歌っているような体験も出来たりします。

アミューズメント

例えば埼玉のイオンレイクタウンにオープンした「VR Center」では、現在7つの本格VRマシンが体験できます。これは臨時の施設ではないので、いつでも行って楽しめます。(事前予約も可能です。)

また、池袋のサンシャイン60展望台の「SKY CIRCUS」にもVRを体験できる施設がオープンしていますし、期間限定の「VR ZONE SHINJUKU」もテレビCMで話題ですね!

今後もどんどん増えていくことでしょう。

SNS

ご存知「Facebook」では、いち早くパノラマ写真に対応して、今ではスマホの動きに合わせて画像や動画が動く体験が出来ます。

また、こちらもお馴染み「Youtube」でもVR動画が視聴出来ます。

勿論どちらも無料です。

物件案内

既に1部の物件案内サービスでは、まるで部屋の中にいるような体験が出来るので、1日に多くの内見・下見をする事が出来ます。

観光

今まで行ったことのない場所でもVRの技術で世界中を旅している感覚を楽しめます。

また「Google Earth VR」がストリートビューに対応しましたので、本当にいつでも好きな時に世界中を旅出来てしまいますね。

映像

そして最後に映像の世界ですが、こちらも以前は高い機材を用意しなければ体験出来ませんでしたが、今ではスマホと安いゴーグルさえあれば、いつでも好きな時にVRの世界に没入出来てしまいます。

先ほど「Youtube」でもVRコンテンツが楽しめるようになったとお伝えしましたが、あのジャンルの動画は楽しめません。

そうです。大人のコンテンツです(笑)

映像:大人のコンテンツ編

おいおいアダルト動画の話かよ?と思ったかもしれませんが、真剣なはなし凄いことになっているんです。

⇒ VRアダルト動画の世界についてはコチラに書かせていただいています。

お前の考えなんかいいから、早くVRアダルト動画のことを具体的に教えてくれ!という方は、まずは無料のVRサンプル動画を見た方が早いかもしれません。

以下のページで無料VRサンプル動画を見る方法を説明していますので是非とも体験してみてください。

VRアダルト動画の無料サンプル動画を見る方法

騙されたと思ってご覧ください。絶対驚きますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする