VRと3Dの違いって何だろう?

VR 3D 違い

巷で話題のVRですが、VRと3Dの違いって何だろうと思ったことはありませんか?

今回はこの違いについて説明していきます。

VRって何?

まずVRというのは「virtual reality」の略で、仮想現実と言われているものです。

仮想現実とは何かといえば、そもそもvirtual(バーチャル)の意味が「厳密とは違うけど殆ど同様」という意味であり、コンピューター関連で使われる場合は「物理的に存在しないが、あるように見える」と言う意味で使われています。

分かり易く言うと、コンピューターによって作り出される実際には存在しない空間という事になります。

3Dって何?

次に3Dというのは「three dimensional」の略で、3次元を意味します。つまり立体ということですね。

3Dプリンターが話題ですが、あれは3次元のものをプリンターで作ることが出来る画期的な技術です。

しかし今回取り上げていくのは、あくまで3D映像の方で、3D映画などのように、2次元のものを3次元に見せているアレです。

3D

では3D映画などはどうやって立体的に見せているのかと言うと、左目と右目に別々の映像を見せて脳に錯覚を起こして立体的に見せているのです。

では、その立体的に見えることとVRの違いは何なのでしょうか?

VRと3Dの違い

確かにVRの世界にも3Dの技術は使われますが決定的な違いがあります。
(VRでも3Dの技術使われていない場合もありますがそれは360度映像です)

それは、あなたの動きに応じてその世界も同調して動くかどうかです。

3D映画を見たことがあるという人もいると思いますが、あれはあなたの動きとは関係なく立体的な映像が流れていくだけですよね?

しかしVRというのは、あなたの動きに映像が対応する仮想空間の事を意味します。VR体の動き

首を右に向ければ映像もそれに合わせて右側の映像が映し出されて臨場感が得られると思いますが、それがVRの特徴です。

このように3Dに比べるとVR動画の方が、より臨場感や没入感を得られるのですが、まだ現在のところ、風を感じたり、加速を感じたり、重力を感じる事は苦手です。

しかし、VRゲームやVRアトラクションであれば、VR動画よりも高い臨場感が得られます。

特にVRアトラクションは、乗り物が傾いたり風を受けたりするので、初めて体験した人の多くは、その臨場感に驚きを隠せないようです。

VRアトラクションの今後の課題

現段階では、今ご紹介した体験型のVRアトラクションが最も臨場感や没入感を味わえると思うのですが、まだまだ課題はあります。

それは行動の選択肢が少ないので、これをどこまで広げることが出来るかという事です。

例えば空飛ぶ自転車に乗って崖の上から飛び立ち、目標地点までたどり着くというVRアトラクションがあったとします。

VR 自転車

その時の選択肢は、自転車のペダルを早く漕げば上昇し、緩めれば下降する。あとはハンドルを右に回せば右に、左に回せば左に曲がるなどといった行動パターンは体験できます。

しかし、自転車を降りて走り回ることは出来ませんし、石を拾って投げることも出来ません。

つまり限られた行動しか出来ないという事です。

未来のVRの世界

今後は行動の選択肢もどんどん増えていくでしょう。

しかし最終的には、あらかじめ用意された行動パターンを選択するという概念は消えていき、VRの世界に存在する全ての物質に「こうなった場合はこうなる」というプログラミングがされていくでしょう。

例えば全ての物に重さを定義しておきます。VR 重さ

すると、ある程度の力で持ち上げれば持ち上がりますし、ある程度の力で投げればどの程度飛ぶといった事が、動的に映像で映し出されるようになるという事です。

こうしておけばストーリーが勝手に流れるのではなく、あなたがストーリーを作ることが出来るわけです。

これが理想のVRの世界と言えるでしょう。

勿論、他の人や物との関わり合いもあるので、もの凄いデータ量になるでしょうから、近い将来実現するとは思えませんが、いずれそんなVRの世界が実現すると思います。

いかがだったでしょうか?

VRと3Dの違いについて説明させていただきましたがご理解いただけましたでしょうか?

といっても、その違いについて説明したのは序盤だけで、殆どがVRの可能性についてかたってしまいましたね。

要するに3DとVRは正に次元が違うほどに異なるもので、それよりもVRの可能性について語りたくなってしまったという事でした。

VR 理想

VRの可能性 番外編

VRの世界は既に色々な分野で活用されています。

エンターテイメントをはじめ、医療、教育、ショッピング、地域開発、などにもVRの技術は使われ始めています。

しかし最も勢いがあるのは大人のVR動画の世界ではないでしょうか。

いつの時代もある市場が大きく動く時は、エロのパワーが働いていることが多々あります。

今も正にその流れが来ているようで、VRアダルト動画が普通のアダルト動画よりも臨場感や没入感をより楽しめると話題になっているのです。

詳しくは以下の記事にめとめておきましたが、読むと笑っちゃうほど進化してますよ!

VRアダルト動画の世界

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする