ハネチャリ 感想

ハネチャリ 感想

噂のVR ZONE SHINJUKUに行き、人気のハネチャリを体験してきたので素直な感想を書いていきます。

下の画像は前に並んでいたお姉さん2人です。
ハネチャリ

ハネチャリとは?

ハネチャリというのは空飛ぶ自転車に乗って空を駆け巡るアクティビティで、私が楽しみにしていたものの1つです。

まずは地上に待機した状態から始まり、右側の崖の上にスタート地点が小さく見えます。

ハネチャリ スタート

係員さんの合図と共に、そのスタート地点にワープするのですが、ワープが終了した時点で震え上がりました。

何故なら、いきなり数百メートル下の景色が足の下に広がっていたからです。

高い崖の上にカタパルトが飛び出していて、そこに自分のハネチャリがスタンバイした状態で、バランスを崩すと今にも落下してしまいそうです。

(画像で見るより実際の方が何倍もの高さと恐怖を感じます。)

ハネチャリ 画像

スタート前に係員さんが「高所恐怖症の方は控えた方がいいかも」みたいな事を言っていたのですが、どうせこれも演出だろうと思ったのは間違いでした。

マジで控えた方がいいかもしれません。

そしてスタートの掛け声と共にカタパルトが壊れ、ガクンと下に落下するので慌ててペダルを漕ぎ出す事になります。

崖下の池の水面ギリギリまで落下して、なんとか持ちこたえて上昇することが出来て、そこから前へと進むことが出来ました。ハネチャリ水面

生まれて初めてのVR体験という事もありますが、本当に良く出来ており、感動とスリルを一度に味わえました。

ハネチャリ 操作方法

ハネチャリの操作方法としては、ペダルを漕ぐと上昇して前に進む時はハンドルを前に倒します。

そしてハンドルを起こすとブレーキが掛かり、同時に下降していきます。

また、前進する時はペダルを漕いではいけないので、慣れないうちは上手く進まないかもしれません。

進みたい時に思わず漕いでしまうのです。

実際私もトンネルの中を進む時に、ついつい漕いでしまって頭をぶつけてしまいそうになりました。

ハネチャリ トンネル

ハネチャリを楽しむコツ

さて、ここでハネチャリを楽しむコツをご紹介します。

といっても大した事ではないのですが、あえてゴールしない方が長い時間楽しめるという事です。

一応ハネチャリにはゴール地点があるのですが、そこに到着すると終了してしまうので、あえて色々なところをウロウロしつつ時間いっぱいのんびりと空の旅を味わった方がお得なのです。ハネチャリ 制限時間

確か制限時間が3分ほどだったと思いますが、時間内にゴールするのが難しそうになると係員さんがゴーグルのヘッドフォンを通じて「青のお兄さん、そのまま前進してください」みたいな指示が来ます。(参加者は色分けされます。)

しかし、そこはガン無視です。

係員さんや順番待ちしている方には申し訳ないですが決して安くない入場料と待ち時間を費やしたのですから制限時間いっぱい楽しむ権利はあるはずです。

右へ左へ蛇行したり、わざと壁に激突している内に係員さんも「こいつワザとだな」と気付いたようで、そのうち何も言ってこなくなりました。

さて、空の旅が終わったところで、次はVRアヴァンゲリオンを体験してみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする