VRアーガイルシフト 体験&感想

アーガイルシフト

正直わたしは「アーガイルシフト」というものを全く知りませんでしたが、これはバンダイナムコエンターテインメントがプロデュースしたVR専用に開発されたゲームのようですね。

VR専用というだけあって、私が体験した中では没入感はナンバー1でした。

特に、ゲームに登場する女性キャラクターの「アイネ」のリアルさにビックリです。

コスチュームも結構色っぽくてグッド!

アイネ 画像

下の画像は、振動でアイネが操縦席の目の前を飛んでいる所ですが、本当に人が横から飛んできたみたいに感じました。

アイネ

アイネ 画像

アーガイルシフト アイネ

アーガイルシフトではルシファーというロボットを操るのですが、そのサポート役として同乗するのが「アイネ」

私の周りを歩きながら色々説明してくれたり時には顔を思い切り近づけてくるのですが、これまたドキっとするくらいにリアル。

アイネ リアル

このキャラクターを制作するにあたり色々と試行錯誤されたようで、

例えば普通の美少女アニメキャラの顔のバランスだとVRの画面で顔のアップになった時、異常に目が大きく見え過ぎて変らしいのです。

そういった色々な問題をひとつひとつクリアしただけあって、本当に生きているような錯覚に陥りました。

まだ体験していない人は、所詮アニメキャラが動いた所で生きているは大袈裟だろうと思うかもしれませんが、実際に体験したら考え方を改める事になるでしょう。

アーガイルシフト ミッション

それから、確かアーガイルシフトではミッションかなにかあったと思いますが、アイネが気になってしまいミッションどころではなかったです。

アーガイルシフト ミッション

でもあまりアイネの方ばかり見ていると、私の視界を係員さんがモニターで見れるので、ちょっと恥ずかしいのでチラチラと横目で見ていました。(でも横目じゃあ視点が変わらないんですけどね)

アーガイルシフトをまた体験したいか?

アーガイルシフトを体験したいかと聞かれれば、即答でイエスと答えます。

是非またアイネに会いたいと思いますし、ネットの反応を見ても、アイネに会うために何度も通う人もいる程です。

そして最後に体験したのは高所恐怖SHOWです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする